温帯スイレン マニー・サイアム
分類
温帯スイレン
品種名
'Manee Siam' (マニー・サイアム)
交配-作出者-年次
‘Madame Wilfron Gonn?re’ x ‘Perry’s Pink’ (Pairat Songpanich) / 2007
花色-花型
ホワイト
株-花-葉の大きさ 注1
株:中型--花:8〜12cm--葉:23cm前後
推奨裁培容器 注2
直径 21cm(7号浅鉢)以上
特徴
新しい品種の一つで、タイのソンパニッチ氏により作られました。「タイの宝石」と名付けられた本種は、花弁が50枚前後とペリーズ・ファイヤー・オパール並み(40〜50枚)の八重咲き種で、大変豪華な印象です。一見するとスノーボールに似ていますが、本種は花弁元が太く、長さがやや短いため三角形の花弁になります。単純に白の八重咲き種が欲しいという方には、スノーボールよりも花上がりのよい本種の方がお勧めです。
注1:
推奨裁培容器サイズの物を使用して、栽培を行った場合の、おおまかな目安です。他の温帯種との相対的な評価で、熱帯種とは基準が異なります。
注2:
必要最低限の植え込み容器のサイズの目安で、容器が大きいほど株全体も大きく、花もたくさん咲きます。なるべく大きな容器をお使い頂くことをお勧め致します。

閉じる

なお、このページからご訪問下さいました場合は、こちらがトップページです。